医学部受験は文系科目も重要

医学部受験は文系科目も重要

医学部に向けて勉強を始めようと考えたとき、数学や理科に力を入れなくてはいけないというのは誰しも思いつくことです。
実際のところ、医学部に進学してから学ぶことの多くは、理系の知識が無くては太刀打ち出来ません。

 

しかし、受験や将来医療に携わる仕事をしていくことまで考えると、文系科目もないがしろに出来ないのです。
医学部を方の多くは、理系科目を得意にしていると思います。

 

得意の理科や数学は医学部には必須の知識であることも関係し勉強が進む一方で、国語や英語、社会といった科目に手を付けずにいると、後で取り返しのつかないことになります。
特に、小論文や面接など、自分の考えを主張しなくてはいけない試験では、文系科目に対する取り組み方が如実に表れるのです。
日頃から読書に親しみ、時事問題について興味を持っていれば、小論文をスラスラ書くことが出来ます。

 

面接についても、経済や政治に関する知識、考え方が身に着いているかどうかで、質問に対する回答にも差が出てきます。
こうした文系科目を自分だけでカバーするのは、なかなか難しいことかもしれません。

 

そんなときは、医学部専門の予備校を利用してみましょう。
センター試験のみならず、二次試験でも文系科目を受験する必要がある医学部は国内にいくつか存在します。
医学部予備校では、そうした大学を受ける人はもちろんのこと、そうでない人のためにも文系科目をしっかり指導してくれるのです。

 

小論文や面接にも対応している医学部予備校もありますから、自分だけで学習を進めるよりも合格に近づけることでしょう。
文系科目まで徹底した対策をしておきたいという人は、ぜひ医学部予備校に通ってみてください。


このページの先頭へ戻る